旅やマイルや・・

旅、マイル、ポイント、クレジットカードなどをゆるーく書くブログ

JALマイレージ JGC修行ノウハウ きっかけ

JGC修行 準備とノウハウ

 

修行のきっかけ

2018年1月~3月にかけ、仕事での国内出張などでのJAL便の利用が続いたのがきっかけで、日本航空JALグローバルクラブJGC)入会資格獲得のための修行をスタート。

 

3月に修行を決意して、数度の修行の旅に出ることで、11月初旬にめでたく JGC 入会資格が得られるステータスに到達。無事にJGC会員となりました。

 

 

実際にはじめてそこ分かった、JGC修行のポイントなどを書いていきます。

 

 

JGCJALグローバルクラブ)って何?


という人に、簡単に説明を。

JALグローバルクラブJALマイレージバンクの上級会員組織の名前です。

 

鉄道会社やバス会社などとは違い、大手の航空会社各社は何度もその社の便を利用する優良な顧客に向けて、様々なVIP待遇を用意しているのです。

 

 

JGCは、JALグループ便やワンワールド アライアンス加盟航空会社便などの利用が多い顧客向けに設定されている JALマイレージバンク (JMB) のステイタスの一つで、

 

空港内ラウンジの利用

 

受託手荷物の無料許容量優待

 

専用カウンターでのチェックイン

 

といったさまざまな特典

 

JAL指定のクレジットカードを持ち続けることで、

 継続的に利用することが出来る 

というものです。

 

 

飛行機の利用が多い人・旅行好きな人にとっては、一つの大きな目標 であるとともに、まさに 憧れの会員資格 といえます。

 

(JMB上級会員資格である「 JMBサファイア」 と同等クラスのサービスが受けられます)

 

 

また、自分の家族用に、JALカード家族カードを発行した場合には、その家族にも同じようなJCG会員資格が与えられるという事になっています。

 

つまり全く搭乗実績がない家族でも、年会費を払ってクレジットカードの家族会員にさえなれていれば、ワンワールドサファイアの特典を受け続けることが出来るのです。

 

これは、かなり凄いことだと思います。

 

この辺の事を、少し詳しく説明をしていきます。 

 

www.jal.co.jp

 

ラウンジ利用という面では、本会員でも家族カード会員でも、それぞれが同伴者を伴ってのラウンジ入室ができるため、

家族会員カードを1枚発行して2名分のJGC会員がいれば、合計で4名のラウンジ利用ができるという、

家族連れには大変役立つシステムとなっています。

 


JCGの資格を得るための条件とは? 

このJGCの資格を得るためには、まずは JMBサファイア という上級ステータス以上を獲得しなければいけません。

 

 

その JMBサファイア を獲得した上で、

Culb A や ゴールドカード 以上のJALカードを持つという事が、JGC入会のための最低限の条件となっています。

 

 

JGC修行 マイル修行

という事で、まず最初に皆が JMBサファイア という会員資格を目指すことになり、

それがあまりにも金銭的にも肉体的にも時間的にも大変で過酷な道になることが多いため、

その行程を修行僧に例えて、JGC修業マイル修行などと呼ばれています。

 

 

 

上級会員 JMBサファイア で得られるメリット

この JMBサファイア に到達する事でのメリットとして大きいのは、

空港でのJAL運営のラウンジ「さくらラウンジ」の利用が可能になる事では無いでしょうか。

 

JALマイレージバンク - JMBサファイア:ラウンジ

 

JAL空港ラウンジ サクララウンジ

f:id:Tabimaru:20181208032720j:plain

羽田空港 国内線 サクララウンジ


国内線のラウンジは、コーヒー・お茶・ジュース類といったノンアルコール飲料から、

生ビールなどのアルコール飲料までを無料で用意しており、

フリーWi-Fiのサービスや、電源付きデスクなどの仕事スペース、

観覧用の雑誌や新聞の提供などもある場所となっています。

 

国際線ラウンジでは上記に加え、時期によりメーニューが変わる料理の提供があり、

カレーやラーメンといった食事や、ワイン、日本酒なども楽しむことが出来、

ビジネスクラス利用者や上級会員のためだけの特別なスペースということが出来ます。

 

使用できるラウンジは空港によっても異なります。

またJALでは、空港によってはファーストクラスラウンジといった名称の、更に上級の顧客向けに提供されるラウンジもあります。

 

 

JMBサファイア その他のメリット


このJMBの上級資格であるサファイアを得ると、ラウンジ利用の権利の他にも、

以下のようなサービスを受ける事が出来ます。

  • 会員専用の予約デスク

  • 航空券の優先キャンセル待ち

  • 専用カウンターでのチェックイン

  • 受託手荷物無料許容量の優待
  • プライオリティバッゲージサービス(預けた手荷物の優先引き渡しなど)

  • 早めに飛行機内へ案内される優先搭乗

  • 飛行機前方の座席の指定

  • JALグループ便などの利用時のボーナスマイル獲得

などなど、上記以外にも沢山の上級会員向けの特典が用意されています。

 

 

手荷物の許容量が増える特典は、たとえ海外へのエコノミークラス利用などでも使えるため、実は大きな荷物を持って海外へ行く機会が多い人には非常に役立つ特典となります。

 

 

前方座席の指定が可能なるサービスも、時間が無くて早々に飛行機から降りたい時などには、とてもありがたいサービスです。

 

 

 

海外アライアンス航空会社でもVIP待遇

JMBサファイアの資格を達成すると、ワンワールド サファイア という各航空会社での上級会員資格を同時に得られることになるため、世界各国のワンワールド アライアンス加盟の航空会社便を利用する際にも、同じように世界各空港でのラウンジ利用をはじめとした各種の特典を受けることが出来るのです。

 

各ステイタス毎のサービス一覧はこちらを

https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/status.html 

 

 

ANAや、他アライアンスとの比較 

ちなみに、このJMBサファイアと日本国内での競合関係にあるANAや、他の航空会社アライアンスでのステータスとの比較をすると、

といったステータスと、同等の上級会員資格という事になります。

 

JALJGC会員と同じように、ANAにも一旦のプラチナステータス到達が最低の入会条件となる上級会員組織「スーパーフライヤーズ会員」というものが存在します。

こちらもJMBサファイアJGCと同等の上級会員向けの各種の特典が用意されています。

 

 

筆者 Tabimaru33 も、2015年にこのANAのスーパーフライヤーズ会員資格を得ています。

 

 

このページでは、JGC会員になると、継続的に得られる事になる魅力の特典の数々を紹介してきました。

飛行機の利用が多いあなたには、非常に役立つであろう特典が多かったはずです。

 

実際のJGCへの入会に関しては、この修業を終えた後の手続きになるため、今後に書いていこうと思います。

 

tabimaru33.hatenablog.com

 

 

急いで始める必要はありませんが、何かのきっかけがあれば是非、あなたも JGC会員 をめざしスタートを切ってみませんか?