旅やマイルや・・

旅、マイル、ポイント、クレジットカードなどをゆるーく書くブログ

旅行ついでに修行に挑戦するも失敗

 旅行のついでに、修行に挑戦

 

前回は3月下旬のJGC修行のための沖縄旅をした話をしました。 

tabimaru33.hatenablog.com

 

今回は、その後の4-6月の様子を書きます。

 

 

旅行に行く途中にJGC修行を組み入れる

 

実は、前回の3月下旬の修行の後は、仕事の関係などもあり、飛行機にはしばらく乗っていませんでした。

5月頭のGWも、車を使っていくつかの場所を巡る旅行に切り替えた為、次のJAL便利用は6月になってからです。

 

5月も中旬になり、6月下旬での与論島へ行く旅行が決まりました。

 

以前から行こうと思っていた場所でしたが、5月は少し忙しかったために行けず、休みがまとめて取れそうな6月下旬の時期に行くことにしました。

 

今回の飛行の経路は、羽田-鹿児島-与論の往復になります。

これだけで、4回の搭乗回数は稼げます。

 

実は行きの立ち寄り空港の鹿児島で、家族には朝ごはんを食べる時間のためにと言って、乗り換え時間の間隔を少し多めに開けています。

 

そう、この文章を読んで頂いている方ならお気づきでしょうが、実はここにJGC修行のための1往復を組み込むつもりです。

 

計画としては8:10鹿児島着で、10:55発の与論行きの便なので、おおよそ1時間半は使えるという計算です。

そこに、8:50鹿児島→9:25屋久島、9:50屋久島→10:25鹿児島という、とんぼ返りでの往復路線を組み込み2回を稼ぐ事にしました。

 

鹿児島空港からは、種子島屋久島、奄美大島などの離島行きの航路があるため、搭乗回数を稼ぐ修行のためにも利用できます。

 

https://www.koj-ab.co.jp/flight/routemap.jpg

 

出典:

就航路線 | 鹿児島空港ホームページ

 

 

いよいよ旅行当日 天候があまり、、

そしていよいよ、この旅行の当日です。

 

朝早くに家を出て、6:25発の羽田空港発の鹿児島行きに乗ります。

 

この日の搭乗前に、悪天候の為に鹿児島に着陸できない可能性があり、引き返すか他の空港に着陸するかもしれないという注意換気を受け、飛行機は出発。

少しだけ、いやなな感じがしてきます。

 

羽田空港付近からしばらくの間の天候は全く問題がなく、順調に飛行を続けます。九州に近づくと雨雲の中に入ったりと天候が崩れては来ましたが、何とか無事に鹿児島には着陸ができて一安心です。

 

ここで私は修行のために、家族とは別れて一人で、屋久島行きの搭乗口へ向かいます。

 

 

天候調査中

鹿児島発の屋久島行きの便は、天候調査中となっていて、搭乗も少し遅れるようです。

当初の出発時間の5分程前になった頃、ようやくアナウンスが。

 

屋久島空港の視界が思わしくないようで、飛行機は出発はするものの、着陸ができない場合には鹿児島へ引き返すか、福岡空港に着陸する可能性があるというものです。

 

無事に屋久島に着陸して予定よりも遅れた時間に戻って来てたとしても、屋久島へは降りられずに鹿児島へ戻って来たとしても、鹿児島から与論島へ行く便はその日の午後にも有るので、何とかなりそうな気はしました。

 

ただし万が一、福岡に行ってしまった場合、これから行こうとしていた与論島へはどのようにして行く事になるのか、思い浮かびません。

 

考えているうちに、機内への案内がはじまりまそうです。

 

ここは無事に降りられることを期待して、飛行機に乗り込みます。

 

鹿児島空港を飛び立った時点では、天候もそれほど悪くはなく、周辺もしっかりと見えています。そして徐々に屋久島へ近づいて行きます。

 

 

やはり視界不良は本当でした

そろそろ島に近ずいているはずですが、確かに機体の周囲が雲に覆われているようで、下には何も見えません。

高度を下げて着陸態勢に入るという機内アナウンスが流れ、徐々に降りて行っていることが感じられます。窓から外を見ていても、白いモヤが見えているだけで、下にあるはずの海も陸地見えて来ません。

f:id:Tabimaru:20181227234113j:plain

季節外れの台風接近


 

とその時、飛行機はエンジンの出力を上げて、上昇を始めます。

滑走路が視認出来なかったため、一旦上昇をして再び着陸に挑戦をするという、機内アナウンスが流れます。

 

10分ほど旋回飛行を続けましたが、少し島から離れた場所では、海が見える位置もあります。

これは、さっきよりは回復しているのかも、と期待をしている中、2度目の着陸トライが始まります。

 

2度目の着陸へのトライ

次こそは何とか着陸して欲しいという、乗客全員の想いを受けながらの着陸への挑戦です。

白いモヤの中高度を徐々に下げて行きます。

 

たまに隙間から海が見える場所もあり、行けるのかも?と思いながら、窓の外を皆見ています。

 

とその時、エンジンの音が大きくなると同時に、飛行機は再び上昇を開始します。

 

アナウンスが流れます。

 

着陸を試みましたが、やはり今回は着陸が出来ませんでした、という内容です。

どこの空港へ向かうかは、もう少しお待ちくだだいという事でした。

 

残念ですが、仕方ありません。

この時点で、屋久島から鹿児島に向かう便も、この機体が着陸出来なかったため、欠航が決まっているはずです。

 

 

どこの空港に行くのか

ということを、皆考えているその時、

アナウンスがあり、どうやら鹿児島空港に向かっての着陸を試すとのこと。

 

とりあえず、福岡になどに行かずに、無事に鹿児島空港に着陸できる事を祈ります。

 数十分後には鹿児島の空港が見えて来ました。視界も問題がなさそうでホッとしました。

 

f:id:Tabimaru:20181227233728j:plain

鹿児島には何とか着陸できました

鹿児島空港に着陸。

この飛行機は欠航扱いになるので、チケットは別の日時の便に振り替えるか、払い戻しをするかを選択する事になりました。

 

これから与論島への向かうので、もちろん払い戻しの手続きをしました。

 

欠航の際には、欠航した便そのものや、それによって影響を受けた他の便を含めて、同時に手続きをすれば、変更や手数料なしでのキャンセルが可能になりますので、期間内に忘れずに手続きをしましょう。

 

運航に影響が見込まれる際の変更・払い戻し - JAL国内線

 

搭乗回数やマイルは?

 

一旦飛び立った後同じところへ帰って来た便は、欠航という扱いになるため、搭乗回数やマイルの記録などは何も付きません

 

この飛行機に乗っていたという記録も、webのマイページなどにも、特に何も出ては来ませんので、時間だけを使ったという感じでしょうか。

 

乗り換え時間の合間を縫って計画した、JGC修行のための2回の搭乗でしたが、今回は残念ながら失敗しました。

 

欠航になったのは残念でしたが、飛行機は常に天候に左右されるものなので、仕方がないですよね。

 

50回も乗れば1度くらいはありそうな話で、事故も起きずに無事に地上に戻れただけでも幸運だと思うことにしました。

 

というのが、6月の修行失敗の際の顛末です。

 

6月までの成績まとめ 

 

 この先は、鹿児島からは無事に与論島へ行くことができ、その後は無事に東京へも帰って来ました。

 

その分の以下が加算されました。

  内容 区間   FOポイント 回数
1 6/21 JL0641 羽田-鹿児島 Y 602 1
2 6/21 JC3823 鹿児島-与論島 Y 358 1
3 6/23 JL0650 鹿児島-羽田 Y 602 1
4 6/23 JC3824 与論島-鹿児島 Y 358 1
      合計   1,920 4

 

修行には失敗しましたが、今回の旅行を終えて6月までの合計は

 29回の搭乗で  23,730FLY ON ポイント

になりました。

 

修行を決意してから3か月あまり、半年が終了して、残すは21回の搭乗です。

 

次からは7月以降の事を書いていきます。