旅やマイルや・・

旅、マイル、ポイント、クレジットカードなどをゆるーく書くブログ

JGC修行 搭乗回数での挑戦に決めた理由

 

 

搭乗回数での挑戦に決めた理由

前回書いたように、3月初旬にその年のマイル修行を行う事を決めました。

 

tabimaru33.hatenablog.com

 

実際にその際に検討した事を書いてみます。 

 

 

マイル修行のスタンス 

筆者の場合は、もともと旅をする事だったり飛行機に乗る事が好きなので、マイル修行とはいっても現地での観光や食事を楽しみながら、価格はなるべく安く抑えるという事での修行にて行いました。

 

予算に関しても、特にFOP修行なら1FOPで平均いくら以下にしたいとか、50回までの残りの搭乗で幾らまでと具体的に決めているわけではありませんが、ざっくりと30-40万円以下位に収めたいなくらいな という感じで始めました。

 

自分の修行スタイルを決め、ストレスが無くやって行くのが良いと思います。

 

 

搭乗回数とFOPでの、達成の早さの比較

ここであらためて、今回の修行を、FOPにするか搭乗回数にするのかの比較をしてみます。

 

サファイア達成条件を基準にすると、

年で50回搭乗 

 もしくは 

年で45,000FOPJALカード会員の場合。50,000FOPからJALカード会員の年初回の搭乗ボーナス5,000FOPを引いたもの)

が必要になるという計算になるので、

1回の搭乗に対して、平均で900FOP以上が稼げる路線であれば、FOPでの50,000FOP達成の方が早くなるという事になります。

 

JALカードを持っていない人は、5,0000FOPが必要になりますが、この修行の際には、まずは普通カードでも良いので持つことをお勧めします。 

年の途中で入会しても、その後に最初の登場をすると、ボーナスマイルと共に、ボーナスFOPももらえます。

 

 

この目安は、あくまでもその年の最初の時点のものですので、実際に稼いだ回数やFOPの数字を更新しながら、どちらが有利なのかを考えると良いと思います。

 

さて、私Taimaru33が実際にこのツアーを検討している時点では、3月頭に熊本へ行った往路分を加算して、13回の搭乗 で 14,540FOP 獲得という状況でした。

つまり、あと 36回 35,460FOP が必要になります。

つまり、1回搭乗の平均で、985FOP 以上が稼げれば、FOP修行の方が達成が早いということになります。

 

実際に、 最初の計画を立ててみる

その時期に、3月下旬に平日の2日だけ(正確には1日半程度)なら休みが取れそうだったので、まずはそこでのマイル修行をという事を考えました。

 

先ずは割と近めでFOP換算率が良い、東南アジアへ行く海外路線を最初に調べる事に。

海外ツアーを使うのであれば、2日間では日数的に少なすぎて選択肢がほとんどないことが判明。そりゃそうですね。

 

JAL海外ツアー - JAL海外ダイナミックパッケージ

 

 

次はJALのチケットを探してみますが、一番安いEconomy Saverという運賃のもでは、滞在日数の関係であまり時間がない中で到着後すぐ日本に帰る方法には使えなません。Economy Flexという運賃であれば滞在制限がないのですが、いかんせん価格が高くて手が出せません。

※お得な運賃Economy Saverは、2日以上2ヵ月以内、大阪発タイ行は1日以上2ヵ月以内の滞在が条件になります。(2018年12月現在)

 

ということで、東南アジアに行くには2日間では少なすぎて、安い価格で良いものは見当たりませんでした。もう少し前に日程が決まっていて、せめて4~5日間くらいあると色々と探せそうではありましたが、残念でした。

 

 

国内線で調べてみます

国内線でFOPを多く稼ぐなら長距離路線かなという事で、東京-沖縄の離島あたりで探してみますが、やはり2週間後くらいでの旅となると、先得チケットの販売が終わっている為、それほど安い航空券は無く、沖縄への片道で2万円台は必要です。

他の目的地へ行く路線も調べますが、やはりそれほど安くはありません。

もし早めに先の予定を立てられる方であれば、先得割引の28日以前なら、安い金額のものが多くなるので、それがおすすめです。

 

 

今回は2日間程度という計画ですので、1泊はどこかに泊まる事になるので、航空券とホテルがセットになったJALの国内ツアーを見てみます。

 

f:id:Tabimaru:20181219054946j:plain

 

これも色々な目的地で見てみましたが、寒い時期だったこともあり、やはり暖かい沖縄や鹿児島の方面へ行くのが気分が良いかなという事で、離島を巡る事に。

いくつか条件を変えて探すと、羽田発・那覇経由・宮古行きの往復に、期間中のホテル1泊をつけて4万円強というのがありました。

 

このツアーをカスタマイズして那覇での宿泊をすることにしました。

ツアーに含まれるのは羽田 - (ここだけクラスJ) - 沖縄 - 宮古、翌日の宮古  - 沖縄 - 羽田という4回の搭乗、それと那覇での宿泊という形になります。

 

FLY ON ポイントは予約時点ではボーナスポイントが有りのものかどうかはわかりませんが、羽田-那覇は最低の50%換算でも984FOPになり、往路はクラスJ利用なので最低でも1,189FOP、那覇-宮古は最低でも178FOPになるので、 合計2,529FOP 以上にはなるという計算をしていました。

(これだと、4回搭乗の平均では、1回あたり632FOPです。全路線でボーナスポイント対象運賃での乗車の場合、最大で400×4 がこれに加わることになります。)

 

今回は、宿泊地を那覇市内でとしたため、最低でも宿泊のために宮古から那覇に向かう往復をこの中に組み込んで、旅程を組み立てる必要があります。

 

 

という事で、

この時点で、搭乗回数での修行に絞りました。 

沖縄の離島間は、距離が少ないのでFOPの積み上げはほとんど期待できませんが、それぞれの移動時間が短いので1日あたりのの搭乗回数は増やすことが出来ます。

 

こんな風に、海外も国内を含めたツアーも考えましたが、連続で休める日程が少なかった事もあり、今回は搭乗回数修行での修行に決める事にしました。

一旦、搭乗回数の方での挑戦をすると決めてしまうと、あまりFOPの計算も要らなくなるので、意外と楽な気持ちになりました。

 

 

さて、次は実際に3月下旬に行った、このマイル修行旅行の際の路線などを書いて行きます。